【実体験】リクルートエージェントで30代ママが電話面談した感想

【実体験】リクルートエージェントで30代ママが電話面談した感想

リクルートエージェントの電話面談がどんな感じか気になっていませんか?

リクルートエージェントは転職支援実績NO.1の転職エージェント。業界最大手で豊富な求人数が魅力なのでキャリア相談を検討している方も多いです。

でも、「転職を強要されないか」「どんな感じでキャリア相談が進むのかわからない」と不安ですよね。

 

そこでこの記事では、実際にリクルートエージェントの電話相談を30代ママが利用してみた感想(口コミ)を正直レポします。

リクルートエージェントに登録するか迷っている方は、実際のキャリア相談の様子がわかるので参考にしてください。

>>リクルートエージェントに無料で電話相談する

 

リクルートエージェントの電話面談を30代ママが利用した感想

リクルートエージェントの電話面談を30代ママが利用した感想

はじめに、リクルートエージェントの電話相談を利用してみた感想をお話していきます。

先に結論をザックリお伝えすると、

  1. そもそも面談してもらえるだけありがたい
  2. 担当者はサバサバな体育会系
  3. 自分の市場価値が良くも悪くもハッキリわかる(わりと辛口)
  4. 転職の強要はない
  5. 求人紹介不可でも今後どう行動すべきかアドバイスをくれる

 

担当者はハキハキと論理的に現在の市場価値とやるべきことを教えてくれました。

転職の強要はなく、面談後に求人検索だけを引き続き利用することも可能です。

今後のキャリアに迷っている方は、一度相談してみると転職も含めて自分の進むべき道が明確になりますよ

>>リクルートエージェントに今すぐキャリア相談する

 

では、それぞれ感想を詳しくお話していきます。

 

感想①そもそも電話面談してもらえるのがありがたい

 

まず、他の転職エージェントだと面談すらしてもらえなかった私の経歴でも電話面談できたのは嬉しかったです。

 

子育てママ・離職中・元教員だけど正社員経験ナシというハンディを背負って始めてみた転職(就職)活動。

キャリアの棚卸しと自分の市場価値を把握したいというザックリした思いで、いくつか転職エージェントに登録してみました。

みずき
転職エージェントの公式サイトには「相談だけでもOK!」と書かれていることが多かったので安心してました。

 

でも、蓋を開けてみたら登録後に「現時点で紹介できる求人はございません」(面談不可)のメールの嵐。

今考えると、面談を断られたところは転職時期を「未定」と登録したのが原因かもしれません。リクルートエージェントだと1年以内などもう少し具体的だったので。

 

結果、最初に登録したリクルートエージェントだけがキャリア相談に乗ってくれました。

担当者と話すことで、自分の現状での市場価値と今後の転職(就職)活動の進め方がわかったので利用してみてよかったと思っています。

子育て中でも電話面談(オンライン面談も可)なら隙間時間にできるのもよかったです。

面談の時間は、登録時に平日休日含めて30分単位でネット予約できました。

>>リクルートエージェントにキャリア相談してみる

 

感想②担当者はサバサバな体育会系(おそらく優秀)

リクルートエージェントってグイグイくる体育会系が多いと聞いていたのですが、私の担当者もまさしくそのタイプ。

ハキハキしてて説明も端的でハッキリ言い切る方でした。

好みはあると思うけど、私は子育て中で自由時間が少ないので無理なものは無理とハッキリ言って欲しかったから結果的に良かったです。

 

▼電話面談の雰囲気はこんな感じです▼

(当日、担当者(キャリアアドバイザー)からは時間ピッタリに電話がかかってきました。)

 

「こんにちは、リクルートエージェントの〇〇です!本日はだいたい30分ほどお時間を頂いて面談させていただきます。」
みずき
「よろしくお願いいたします。」
「まずですね、転職に関してみずきさんからご質問があればお答えさせていただきますがいかがですか?」
みずき
「あの~。かなりザックリした質問で申し訳ないんですが、いつまでに転職した方がいいのかってありますか?」
「そうですね…。転職は『いつまでにした方がいい』ではなく、『いつしたいか』で考えた方がいいですね!

 

こんな感じのやりとりで、私のザックリし過ぎな質問の趣旨をとらえて端的に返してくれました。

 

感想③自分の市場価値が良くも悪くもハッキリわかる(わりと辛口)

結論から言うと、私の電話面談は10分で終了しました(予定は30分だったw)

 

現時点でエージェント経由で紹介すべき求人案件がないと判断されたからです。

経歴の問題もあるけど、すぐに転職(就職)する予定でないことが大きかったと思います。

 

私が質問したことの要点をまとめますね。

 

現在子育て中で離職中だけど、いつ転職活動すべき?

保育園が決まってから転職先を探した方がいいですね。なぜならば、お迎えに行ける時間、勤務先から保育園までの距離、時短勤務の有無など、すべてはそこから決まるからです。」

 

転職活動開始してから実際に転職できるまではどのくらいかかる?

「転職活動を開始してからだいたい1ヵ月で転職できます」

 

これ驚いたんですが、意外と早くないですか?

離職中だと翌日から・翌月からすぐに来て!と言われることもあるそうです。

保育園の入園決まってから開始してもすぐに働けそうですよね(転職先を選ばなければ)。

 

30代前半で正社員経験なし(講師のみ)だと、どんな仕事に転職できますか?

正直まったく未経験の仕事だと厳しい。でも、どんどん(履歴書を)出して選考を受けていくいくしかないです。現実的なのは教員経験を活かせる仕事(塾講師など)ですね。

 

夫が転勤する可能性あるけど、就職できますか?

「敬遠する企業さんはいるかもですね」

 

フルリモートの仕事ってある?

「あることはあるんですが、エンジニアやコールセンター。最初は出勤しなければならないので、完全フルリモートの仕事はないですね」

 

こんな感じで、転職事情を教えてもらいました。

やっぱり30代になると未経験の仕事は厳しいですね。

さらに離職中だったら「すぐに・どこでも・働きます!」という意気込みじゃないとダメだなとわかりました。

関連記事30代教員でも転職できる?成功のコツや転職先、経験談を元教員が徹底解説

 

感想④転職の強要はまったくない

面談では転職の強要はまったくなかったです。

転職エージェントを利用するとノルマのために無理にブラック企業の求人に押し込まれるというウワサを聞いていましたが、違いましたね。

(まぁ、現状では転職をサポートする価値がないと判断されただけなんですけどw)

エージェント側も暇じゃないのでよほど市場価値が高い人材でない限り、一人に執着することはないです。

とくに大手ならなおさらですね。

 

感想⑤求人紹介不可でも今後のアドバイスをくれる

結果として私は「紹介できる求人は現時点ではない」ということで面談終了しました。

そのときに、担当者の方がアドバイス(引導)をくれました。

要約すると、こんな感じです。

  • 転職エージェント経由の採用は企業にとってもっともコストがかかる
  • つまり、「転職エージェント経由するならば経験を積まれている方を優先して採用したい」と考える企業が多い
  • ハローワークや自社サイトの公募ならば企業は費用を抑えらえる
  • コストがかからない分受かりやすいから、現状ならエージェント経由以外での転職を検討してもいいかも

 

「見放された?」と捉える人もいると思うけど、私的には転職に関する貴重な情報でした。

本当に本命の企業には自社サイトやハロワの求人から応募する方が採用確率高まるってことだもんね。

 

みずき
最後に「転職する時期が具体的に決まったら再登録してください~!」と言われて終了しました。

 

リクルートエージェントを利用すべき人・おすすめしない人

リクルートエージェントを利用すべき人・おすすめしない人

電話面談を利用して感じたリクルートエージェントを利用すべき人とおすすめしない人は下記です。

利用すべき人
  • 試しに1社だけ登録したい人
  • ビジネスライクにコスパ重視で転職したい人
おすすめしない人
  • 一からすべて丁寧に教えてほしい人
  • 実務経験が乏しい人

それぞれ解説していきます。

 

リクルートエージェントを利用すべき人

リクルートエージェントはこんな人におすすめです。

  1. 試しに1社だけ転職エージェントに登録してみたい人
  2. ビジネスライクにコスパ重視に転職したい人

 

利用すべき人①試しに1社だけ登録したい人

リクルートエージェントは転職エージェントに1つだけ登録してみたい人にはおすすめできます。

とにかく求人数が多く、業界も網羅されていて対象地域や年齢も広いからです。

もし面談で求人紹介できないと言われても、求人検索機能は引き続き利用できるので登録しておいて損はないです。

>>リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

利用すべき人②ビジネスライクにコスパ重視で転職したい人

大手なので担当者は良くも悪くもビジネスライク。

数多くの面談希望者の対応をしなければならないので、無理に転職を強要されることはありません

求人紹介できないと判断されれば(私のように)面談もすぐに終わります。

 

逆に言うと、転職可能性がある人には転職に向けてグイグイ推し進めてくれる力強さがあります。

ビジネスライク・コスパ重視で転職サポートしてほしい人に向いています。

>>リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

リクルートエージェントをおすすめしない人

逆にリクルートエージェントに不向きなのはこんな人です。

  1. 1からすべて丁寧に教えてほしい人
  2. 実務経験が乏しい人

 

おすすめしない人①転職のすべてを丁寧に教えてほしい人

市場価値が低い(求人紹介できない)と判断されると、転職を強要されることもそれ以上干渉されることもありません

  • 「転職のことが何もわからず、すべて丁寧に教えてほしい!」という方は、親身さが評判のマイナビエージェントの方が向いています。
  • 20代前半なら平均2時間も面談してくれるというウズキャリ(UZUZ)も検討してみてください。

 

おすすめしない人②実務経験が乏しい人

リクルートエージェントは実務経験を重視する傾向です。

  • 社会人1年目や第二新卒(就職しておおむね3年以内)など実務経験が乏しい人は第二新卒向けのマイナビジョブ20'sがおすすめ。
  • 正社員経験がない人は既卒・フリーター向けの就職Shop(リクルート運営)を利用してみてください。

 

リクルートエージェントの電話面談は有益だから利用してみよう

リクルートエージェントの電話面談は有益だから利用してみよう

結果としては、私は今すぐに転職すべきでないという結論に至りました。

 

でも、リクルートエージェントの面談を通して今後どう行動すべきかが具体的にわかったのは大きな収穫でした。

転職サイト見ているだけだといまいちピンとこなかったんですよね。身に迫ってこない感じで。

 

自分の市場価値と転職のためにまず何をすべきかが明確化できるのは面談の最大のメリットです。

転職やキャリアに迷っている人3分で登録できて利用も無料なので、一回相談してみてください。

>>リクルートエージェントに登録して今すぐキャリア相談する

 

関連記事教員からの転職は20代ですべき!失敗しないポイントを元教員が解説

  • この記事を書いた人

みずき

元高校教員(社会科・非常勤)| 偏差値30~60台までの複数校で7年勤務 | 出産を機に退職 | 教師を辞めたい若手教員からの相談多数 | 教員からの転職情報・教員生活に役立つ情報を発信します |

-教員からの転職

© 2021 教師ライフナビ Powered by AFFINGER5