30代教員でも転職できる?成功のコツや転職先、経験談を元教員が徹底解説

2021年4月15日

30代教員でも転職できる?成功のコツや転職先、経験談を元教員が徹底解説


「本当に30代で教員から転職できるの?理想の転職をする方法ってあるのかな?」と思っていませんか?


ご家庭もある方は転職後に年収や待遇が悪くならないかと不安ばかりが膨らんでしまいますよね。


この記事では、転職が気になる30代教員の方に向けて、30代教員が理想の転職をする方法をアラサーの元教員が徹底解説します。



「30代教員の転職事情」から「転職成功のコツ」「おすすめの転職先」も紹介します。転職を視野に入れている30代の先生はぜひ最後までご覧ください。

タップできる目次

30代でも教員から転職できる!理由を解説

30代でも教員から転職できる!理由を解説

結論から言うと、30代教員でも転職は十分可能です。

30代教員でも転職可能な理由(根拠)

  • 30代対象の中途採用の求人は豊富
  • 実際に30代でも教員から転職できた方が多い(経験談)


それぞれ解説していきます。

①30代対象の中途採用の求人は豊富

  • 30代前半なら異業種への転職もまだ狙える
  • 30代後半なら教育業界か人手不足の業界への転職が現実的



そもそも転職のボリューム層は20代・30代であり、30代対象の中途採用の求人は豊富にあります。

20代に比べると未経験や異業種への転職は厳しくなってきますが、30代前半なら異業種への転職も不可能ではありません。

みずき
私の同僚教員は30代前半で教員から出版系の企業に転職していきましたよ。


しかし、30代後半での異業種への転職はかなり厳しくなってきます


たいていの求人情報には「長期のキャリア育成のために35歳まで(が望ましい)」と記載されています。

よって、実績やスキルがまったくない状態で未経験の業界・職種に転職は難しいでしょう。

逆に、30代後半でも転職先で役立つ実務経験・スキルなどを持っている方なら未経験・異業種の転職先も候補に入ってきます。


30代後半の教員の方は、経験を活かせる教育業界や学童保育・介護といった人手不足の業界への転職を考えるのが現実的です。



みずき

40代以降になると求人が減り、転職自体が厳しくなってきます。異業種への転職を考えるなら30代がギリギリと言えます。

②実際に30代でも教員から転職できた(6名)


実際に30代で教員から転職できた方は、私が知ってるだけでも6名います。

元同僚の先生3名は、出版業界やブライダル業界など教育とまったく関係のない業界に転職していきました。


後ほど、(同僚ではありませんが)30代教員の転職経験談を3名紹介します。IT業界や社会福祉法人、大学教員に転職された方にお話を伺ったのでぜひ参考にしてみてください。

30代教員の転職における不安要素と対処法

30代教員の転職における不安要素と対処法

次に、30代教員の転職における不安要素とその対処法を紹介します。


30代教員の転職における2つの不安

  1. 教員経験しかないのに民間企業で仕事ができるのか不安
  2. 今よりも年収や待遇が悪くならないか不安


それぞれ解説していきますね。

①教員経験しかなくて民間企業で仕事ができるか不安

教員と親和性の高い教育関係企業や、あなたの得意なことに関係した業界・職種への転職ならスキルや経験を活かせます。



塾講師や学童保育への転職なら教員経験をプラスに捉えてくれる企業が多いです。


また、コミュニケーション能力や事務処理能力などの教員の強み(スキル)はどの職種でも活かせる能力ですので面接でもアピールできます。


得意なことやできること(スキル)がわからない方はリクルートエージェントの無料キャリア相談や、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用すると企業にアピールできる長所を発見できますよ。


関連記事教員から民間企業に転職する方法を経験者の元教員が解説

③今よりも待遇が悪くならないか不安

転職後に待遇がどのように変わるのか不安ですよね。

ここでは、多くの方が気になる転職後の年収の変化についてみていきましょう。

30代教員が転職したときの年収変化


まず、30代教員の平均年収は約560万円です。詳細は下記の通りです。

  • 公立小学校で556万円
  • 公立中学校556万円
  • 公立高校で560万円

出典:Education Career



次に、民間企業を含めた30代の平均年収はこちらになります。

  • 30代前半(30〜34歳) 585万円
  • 30代後半(35〜39歳) 685万円

出典:マイナビ転職モデル年収平均ランキング

20代教員の転職では年収低下が懸念されましたが、30代になると教員以外の仕事の方が年収が高いという結果になりました。

みずき
あくまでも平均年収ですし、企業や未経験の職種に転職すると年収の低下も考えられます。でも、結構驚きますね。



参考


あなたの適性年収はミイダスというアプリで無料診断できます。

会員登録なし・たった5分で転職市場でのあなたの適性年収がわかります。ぜひ試してみてください。

適性検査LP

教員よりもブラックな待遇にはならない可能性が高い

リクナビNEXTなどの転職サイトでは「残業なし」「土日休み」「年間求人120日以上」など細かな条件を指定して求人を探せます。

待遇は企業によって大きく違うので、あなたが絶対に譲れない条件から転職先を選べば待遇が悪くなる可能性は低くなります

みずき
そもそも、教員のように実質昼休みがない、毎日のように残業や持ち帰り仕事をしないと終わらないという仕事はなかなかありません。

30代教員が転職を成功させる3つのポイント

30代教員が転職を成功させる3つのポイント

30代教員が転職を成功させるポイントは3つあります。

30代教員が転職を成功させる3つのポイント

  1. 自分の得意なこと・スキルで実績を作る
  2. 転職したい業界・企業の方との人脈を作る
  3. 転職エージェントに登録し、求人紹介や転職サポートを受ける


それぞれ解説していきますね。

①自分の得意なこと・スキルで実績を作る


20代ならやる気などのポテンシャルが重視されますが、30代の転職ではこれまでの職務内容や実績が求められます。

たとえば、重要なプロジェクトを成功させた、売上アップに貢献したなど「マネジメント経験」や「即戦力」が重視されます。

さらには実績を元に「自分の能力をその企業でどう活かせるか」をアピールしなければ内定獲得できません。

教員の強みは言語化しにくいので、リクルートエージェントの無料キャリア相談を利用するのがおすすめです。

転職で使えるわかりやすい言葉であなたの強みを表現してくれますよ。

あなたを採用することで会社にどんなメリットがあるかを提示するのが大事です。

②転職したい業界・企業の方との人脈を作る


転職先の企業や興味のある業界の方と人脈を築いておくといいことがあります。


運が良ければ、急にポストが開いたタイミングで採用の話が舞い込んできたり、コネ入所同様に書類選考パスなどの特別扱いを受けられたりします。



たとえば、下記は人脈作りの一例です。

  • WantedlyやTwitterなどのSNS経由で企業人とつながる
  • 転職エージェント(無料の転職支援サービス)の担当者と仲良くなる



WantedlyというビジネスSNSはベンチャー企業中心に企業人とつながることができます。Twitterで企業のアカウントをフォローして絡んでみるのもアリですね。

SNSでの交流は勇気がいるのでちょっと…という方は、転職エージェントの担当者(キャリアコンサルタント)と仲良くなることを意識してみてください。

転職エージェントにあなたの人柄や熱意が伝わるほど、優良な企業にあなたを売り込んでくれる確率が高まります。

③転職エージェントに登録し、求人紹介や転職サポートを受ける

成功のポイント①②でも述べましたが、教員の転職では転職エージェントを利用しましょう



転職エージェントとは、求人紹介や提出書類の添削、面接対策などの転職サポートを無料で行ってくれるサービスです。



転職エージェントを利用すると下記のようなメリットがあります。

  • 企業との人脈づくりに役立つ
  • 言語化が難しい教員スキルやあなたの強みを転職のプロが診断してわかりやすく伝えてくれる
  • 転職サイトで公表されていない非公開求人(大企業や人気の好条件の求人)に出会える


リクナビNEXTなどの自分で求人検索する転職サイトと併用すれば、求人の幅が広がり転職サポートも無料で受けられます

また、一度転職エージェントに相談した方が、市場価値や適性を把握できて今後取るべき選択が明確になります

30代教員におすすめの転職エージェント2選


みずき
最初は1~2つほど登録してうまく行かない場合に増やしていく方法をおすすめします。

とくに、登録必須なのはリクルートエージェント求人・アドバイザーの質が高く、求人数が圧倒的に豊富なので登録しておいて損はないです。


その他の転職エージェントや利用方法は教員におすすめの転職エージェントで紹介しているので参考にしてください。

関連記事【実体験】リクルートエージェントで30代ママが電話面談した感想

30代で教員を辞めたくなる5つの理由

30代で教員を辞めたくなる5つの理由


10年近くも教員を続けてきても30代になってから転職を考える方もいます。理由は下記5つ挙げられます。

30代で教員を辞めたくなる5つの理由

  1. 仕事と子育ての両立が無理過ぎる
  2. 一度でも教員以外の仕事を経験してみたい
  3. 教員以外に通用するスキルが身につかない不安
  4. 生徒との距離の取り方が難しくなった
  5. 「もう若くない・・?」過労で体力が限界

①仕事と子育ての両立が無理過ぎる


30代は教員の仕事にも慣れてくる一方で、若手の育成や主任・部長を任されるなど学校内での責任が重くなってきます。

加えて、プライベートでは結婚して家庭を持ち、出産・子育てと自分の時間を持てないほど忙しくなります

教員生活をしながら子育てするのは本当に大変ですよね。


同僚の先生方は

  • 自分の子どもは毎日のように延長保育
  • 帰宅するのは子どもが寝た後

どちらかのパターンがほとんどでした。

みずき
教員の仕事と子育てを両立する生活が思い描けなかったことは教員を辞める決め手になりました。

②一度でも教員以外の仕事を経験してみたい


転職市場において異業種の仕事に転職できるタイムリミットは30代までと言われます。

一方で、教員の成り手は減少傾向です。一度民間企業を経験してから教員に戻るという選択肢も十分考えられます。


異業種に転職できるタイムリミットが迫っているため、30歳を境に教員以外の仕事にチャレンジしたい気持ちが湧いてくるんですよね。

③教員以外に通用するスキルが身につかない不安


教師に求められるスキルは特殊なので、つぶしが効かないとよく言われますよね。

  • 教員しか経験したことがなく今後のキャリアが不安
  • 民間企業でも通用するビジネススキルを身に付けたい


30歳を境に将来的な不安から教員以外の仕事も経験しておいた方がいいと考える先生は少なくないです。


みずき
昨今では定年がどんどん伸びています。この先30年以上も教員「しか」できないというのは確かに怖いかもしれませんね。

④生徒との距離の取り方が難しくなった



30代になると生徒との距離の取り方が難しくなってきます。

20代の頃は生徒と年齢が近いので「お姉さん・お兄さん」「友達」のようなノリで接することができます。

ノリと勢いで授業に引き込めることもありますよね。



しかし、30代になると生徒との感覚のズレが次第に大きくなり、20代の頃と同じ手法では生徒が付いてこなくなります。

生徒と距離を縮めたくても空回りして指導にのってこないんですよね。

⑤「もう若くない・・?」過労で体力が限界


結構深刻なのが、疲れがたまって教員の仕事が20代の頃と同じようにできなくなることです。

30代になると寝ても疲れが取れなくなってきます。帰宅すると「持ち帰りの仕事をしたいのに寝たい」状態が毎日続きます。


みずき
同僚教員は授業の合間に青汁飲みながら仕事してました…。 ただでさえストレスが多い仕事なので体力がなくなると詰みます。

30代教員の転職先は教育系や営業職、IT業界などさまざま

30代教員の転職先は教育系や営業職などさまざま

30代教員の転職先としてはたとえば下記が挙げられます。

教員免許を活かせるのは「塾講師」や「学童保育指導員」


塾講師は教員経験を活かせる転職先の一つです。

学校に比べて勤務時間が夜型になりますが、朝に弱い方や学校以外で勉強を教えたい方には向いています。

学童保育指導員は共働き世帯の増加に伴って需要が高まっている仕事です。

過酷な職種というイメージもありますが、はじめての学童指導員という転職サービスを利用すると、労働条件のいい学童保育所のみを紹介してもらえますよ。

どの世代にも人気の「事務職」


教員は基本的なPCスキルが身についている方がほとんどです。

ICT教育もやられてる先生ならパワーポイントでの資料作成なども安心ですよね。

残業少なく定時で退勤したい方や人と関わるのに疲れた方などに人気の仕事です。

教員との相性がいい「営業職」


教員との親和性が意外と高いのが営業職です。

教員は人と話すことが好きな方が多いのでコミュニケーション能力はバッチリ。

情報をわかりやすくまとめて伝えることも得意なので、商品の魅力をわかりやすくお客さんにアピールできるはずです。

教員のホスピタリティを活かせる「介護職員」


教員はきめ細やかなケアが求められる介護職との相性もいいです。

介護等体験で介護施設の仕事を経験しているので、働くイメージが湧きやすいですよね。

3年の現場経験を積めば介護福祉士(国家資格)も狙えますよ。

将来的な成長が見込める「IT業界(SEなど)」


このご時世もあって将来的な成長が見込め、人材不足のIT業界も狙いどころです。


SEは激務のイメージがありますが、働き方改革の推進もあり、ホワイト企業も多数存在します。



さらに、IT業界は未経験歓迎の企業が多いのが特徴。

一から覚えることが多く、常に勉強し続けなければなりませんが、勉強が得意な教員経験者なら慣れていけるはずです。

関連記事教員の転職にIT企業がおすすめの理由を元教員の現役SEが語る

みずき
もちろん教員の転職先はこれだけではありません。得意なことや興味のある分野に挑戦してみても大丈夫です。結局は応募してみないとわからないですからね。

30代教員の転職体験談

30代教員の転職体験談


実際に30代で教員から転職した3名の先生の転職体験談と私の元同僚教員の転職経験談を紹介します。

①30歳で教員からIT業界(SE)に転職:すず先生(女性)


一人目は、30歳でIT業界(SE)に転職したすず先生(女性)の転職体験談を紹介します。

高校社会科教員のすず先生は結婚を機に転職について考え始めます。

理由はこちらの2点でした。

  • 家庭や子育てとの両立(ワークライフバランスの充実)
  • 子育て後の復帰


当時は非常勤講師だったため、産休・育休からの職場復帰が見込めないこと。

一方で、子育てをしながらフルタイムで教員として働くことは難しいこと。


これらの理由から教員からの転職を決意し、転職エージェント・サイトには複数登録しました。

すず先生が利用した転職エージェント・サイト

主に利用していたのが「女の転職type」。


既婚・子どもが欲しいなど女性の希望が通りやすく、女性目線の検索項目があって探しやすい転職サイトです(一都三県で転職したい女性におすすめ)。



すず先生が選んだ転職先は、将来の成長が見込めるIT業界でした。

実際に教員からシステムエンジニアに転職してみたら、下記のような変化があったそう。

  • 在宅ワークができて、体調や通勤を気にする必要がない
  • 非常勤講師のときと比べると年収は100万円ほどアップ
  • 土日休み
  • 教員のコミュニケーション能力が仕事でも役立っている



「安心して子育てに向かえているのも転職したから

勉強する姿勢が身に付いている教員は未経験の職種でも力を発揮できるはずと、力強く語るすず先生の姿が印象的でした。

すず先生の転職体験談はこちら:教員からSEへの転職体験談

②36歳、37歳で高校教員から2度異業種に転職:ハナ先生(女性)



二人目は、30代後半に異業種(未経験)の民間企業に2度の転職を果たしたハナ先生(女性)の転職体験談です。

ハナ先生の転職先

  • 36歳で個人税理士事務所(税理士補助)
  • 37歳で社会福祉法人(相談員)


ハナ先生は、私立高校の音楽科教員として8年勤務されていました。

しかし、勤務5年目あたりから教員の仕事や職場の上司・同僚に対する虚無感を感じ始め、ついに体調を崩して転職を決意します。

最初の転職先は個人税理士事務所(税理士補助)でした。

しかし、そこで感じた人恋しさが引き金となって社会福祉法人の相談員に再転職します。

年収は100万円ほど下がりましたが、有休消化率100%、残業時間0の仕事に就けて後悔はないそうです。

メモ

2度の転職ではリクルートエージェントマイナビエージェントを利用して内定を獲得しています。


ハナ先生の転職体験談はこちら:30代後半で未経験の異業種に2度転職!私立高校女性教員の転職体験談

③37歳ワーママ教員から大学講師に転職:ナツ先生(女性)


三人目は、37歳で中学校教員(英語)から大学講師に転職されたナツ先生の転職体験談を紹介します。


ナツ先生は元々は大手化粧品会社で勤務されていましたが、教員に転職。

教員2年目に産休・育休を取得し、ワーママとなります。

教員として働く中で、

  • スキルや実績が正当に評価されないこと
  • 目指す先が教頭・校長というポジションであり、魅力を感じられなかったこと
  • 子育てをしながらの部活動の負担

これらの理由から転職を決意されました。

その後、リクルートエージェントや地元のハローワーク、大学のHPの公募などを駆使して転職活動を進め、見事大学の非常勤講師へと転職を果たします。

年収は100万円ほど下がったものの、自由時間が増えたこともあって刺激的で学びの多い充実した日々を過ごしておられます。

ナツ先生の転職体験談はこちら:【ワーママ転職体験談】37歳で中学校教員から大学英語講師へ再転職

④私の同僚3名(30代教員)の転職体験談


私の同僚で30代で教員から転職した方は3名いました。

30代前半で出版業界に転職したのは非常勤講師の方です。

ご自身でも文章を書かれている方だったので、知人のツテで出版業界に未経験で転職されました。

みずき
この年で正社員になれたのはラッキー!とおっしゃっていました。



他2名は常勤の先生でしたが、こちらも30代前半で未経験の異業種(ブライダル業界などサービス業)への転職に成功されました。

全員に共通するのは、得意分野での実績や転職先への人脈を持っていたことです。

人脈作りは難しいですが、SNSや転職サイト・転職エージェントを通じた転職活動の中で業界人との接点を持てれば有利になります。

教員の転職は30代でも間に合う!早めの行動が肝要

教員の転職は30代でも間に合う!早めの行動が肝要

この記事では、30代教員の転職について解説してきました。

教員の転職は30代でも遅くありません

30代前半なら異業種への転職も視野に興味のある転職先を探していきましょう。

30代後半なら教育関係や学童保育・営業職・介護といった求人が豊富なところを狙えば十分に転職できる可能性があります。



30代教員が転職するためには、実績・人脈・転職サポートが必要です。

まとめ:30代教員が転職へ向けて今すぐできること



30代の転職においては時間は何よりも貴重です。

しかし、あせって自分だけで行動すると失敗するリスクが高まります。

まずは、教員の転職をサポートしてくれる転職エージェントへの相談から始めると後悔しにくくなります。


求人や担当者の質が高いリクルートエージェントの無料相談がおすすめです(電話やオンラインも可)。

\キャリア相談のみも可能/

リクルートエージェントに登録する(公式サイト)

※登録・利用すべて無料


関連記事教員の転職にベストな時期・スケジュール・伝えるタイミングを元教員が解説

関連記事教師を辞めてよかったこと5つを元教員が告白。経験者の声も紹介

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずき

元高校教員(社会科・非常勤・7年)の在宅ワーカー | 主な勤務校は偏差値30台の教育困難校 | 出産を機に退職 | 在職中・現在合わせて10社以上の転職サービス(転職サイト・エージェント)を利用 | 教員時代は教師を辞めたい若手教員の相談に乗ってました | 教員からの転職情報・教員生活に役立つ情報を発信します。

-教員からの転職