教師の転職

教員の転職には転職エージェントが必須!おすすめ10社を元教員が厳選

2020年12月25日

教員の転職には転職エージェントが不可欠!おすすめ10社を元教員が厳選

 

「就活すらまともにしたことないのに、教師として働きながら転職活動できるか不安・・。教員におすすめの転職エージェントを教えて欲しい!」

 

この記事はそんなあなたに向けて書きました。

 

教員から転職するのは厳しいと聞くので不安ですよね。

 

でも大丈夫。あなたの転職を無料でサポートしてくれる転職エージェントを使えば、教員からの転職を成功させることができます。

 

この記事では、教員におすすめの転職エージェント10社を元教員の私が厳選して紹介します。

 

おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの賢い利用方法も随時お伝えしています。理想の転職に向けて最後までお付き合いください。

 

 

もくじ

教員にもっともおすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」

 

すべての教員におすすめなのは業界NO.1の求人数・転職支援実績を誇る「リクルートエージェント」です。

 

非公開求人を含めて20万件という圧倒的な求人数が魅力で、どんな業界・業種・職種に転職したいかわからず、とにかくいろんな求人を見て視野を広げたい方に向いています。

 

教員は就職活動をしたことのない方が多いので、業界研究の意味でも利用してみる価値があります。

 

業界NO.1の転職支援実績

リクルートエージェントに登録する(公式サイト)

※登録・利用すべて無料!

 

リクルートエージェントの詳細は後ほど紹介しますね。

 

転職エージェントは複数利用しよう!

 

よし!リクルートエージェント1本で転職活動頑張るぞ!

 

待って!大前提として転職エージェントは複数登録した方がいいです!
みずき

 

なぜなら、

  • 担当者(アドバイザー)との相性が転職成功のカギだから
  • 転職エージェントはそれぞれに強み(特徴・独占求人など)が異なるから

 

正直大手の転職エージェントの扱う案件は似たり寄ったりなので、担当者との相性次第で転職の成功が決まります

 

どんなにいい求人を会社で扱っていたとしても、あなたの希望を的確にくみ取って、強みを最大限に引き出してくれる担当者に出会えなかったら宝の持ち腐れですよね。

 

結局、転職エージェントで満足できるかって「担当のアドバイザーがどれだけイケてるか」に尽きますよね。だからサービス単位での比較はムダ。

まずいくつかのサービスに登録していろんなアドバイザーに会ってみて、その人がイケてると思えるかで利用の判断をするっていうのが現実的な方法かなと。

引用:新R25転職 田畑さん談

 

したがって、転職エージェントは「複数登録してから利用するところを絞っていく」という使い方が正解です。

 

事実、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを使っています(リクルート調査)。

 

しかし、「とにかく手当たり次第、一気に10社くらい登録しちゃおう!」というのは管理が大変なので止めましょう。

 

  1. 最初にあらゆる業界を網羅した総合型エージェント2社に登録
  2. 必要ならば特定領域に特化した特化型転職エージェント1・2社追加

 

という方法がおすすめです。

 

たとえば20代・30代の方だったら、総合型で20~30代の転職に強く、手厚いサポートに定評がある「マイナビエージェント」にも登録しましょう。

 

20~30代の転職におすすめ!

マイナビエージェントに登録する(公式サイト)

※登録・利用すべて無料

 

マイナビエージェントの詳細も後ほど解説しますね。20代教員の転職については教員からの転職は20代ですべき!失敗しないポイントを元教員が解説もご覧ください。

 

興味のある業界や年齢によって利用するエージェントは異なってきます。

 

これから教員の転職に役立つ転職エージェントを10社紹介するので、それぞれの特徴を見た上で自分にピッタリの転職エージェントに登録していきましょう。

 

 

教員におすすめの転職エージェント10選

教員におすすめの転職エージェント10選

 

では、それぞれの転職エージェントの特徴を見ていきましょう。

 

①「リクルートエージェント」業界NO.1の転職支援実績!圧倒的な求人数が魅力

特徴

  • 転職支援実績NO.1 ※2020年6月時点
  • 業界最多の非公開求人(10万件以上)※2020年8月時点
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供

 

業界最大手・転職支援実績No.1のリクルートエージェントはあらゆる業界・業種の求人を網羅した総合型転職エージェントです。

 

リクルートエージェントの魅力はとにかく圧倒的な求人数(非公開求人含めると20万件)。大手企業の求人も取り揃えています。

 

他社では紹介の無かった求人の案内があり、応募もしました。
また、幅広い求人のリクエストを出した事もあり、今まで紹介された事が無い様な案件も数多く紹介され、さすがのリクルートエージェントと言った所でした。(出典:みん評

 

豊富な求人数に目を奪われがちですが、口コミでは担当者が親身になってくれたという意見が目立ちます

 

リクルートの社風もあって転職までグイグイ推し進めてくれるアドバイザーが多いので、企業面談のスケジュール調整や年収交渉など自分がやりづらい部分をお任せすれば力強い味方になってくれますよ。

 

リクルートエージェントをおすすめする人:幅広い求人を見て視野を広げたい方、転職をグイグイ推し進めてもらいたい方

 

リクルートエージェントを利用すれば豊富な求人に触れられて視野が広がります。すべての転職希望者が登録必須の転職エージェントです。

 

リクルートエージェントに登録する(公式サイト)

 

 

②「マイナビエージェント」転職初心者におすすめ!若手向けの親身なサポートが強み

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

特徴

  • 新卒採用で有名なマイナビグループの転職エージェント
  • 親身になってくれるアドバイザーが多いと評判
  • 20〜30代の転職サポートに強い
  • 関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)における優良企業の求人が豊富

 

マイナビエージェントは、新卒採用で有名なマイナビグループの転職エージェント。

 

公開求人約2万件(※2021年2月時点)と、リクルートエージェントやdodaに比べると求人数は少ないですが、厳選されている分じっくり吟味できるとも言えます。

 

公式サイトの業種内訳では若手に人気のIT・通信系の割合が約3割ともっとも大きいウェイトを占めています。 「若手向け」の印象から、優秀な若手を求めるIT企業の求人が集まりやすいようです。

 

「20代に信頼されている転職エージェント」を謳っている通り、若手向けのサポートが充実しています。

 

姉妹サイト「マイナビ転職」(転職サイト)には、無料の適職診断や職種・業種・年齢別の年収がわかる「モデル年収平均ランキング」など、転職に役立つコンテンツが充実しています。

 

マイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。
さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです
。後から内容を見せてもらいましたが「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれてたようです。(出典:みん評

東京都/39歳/男性/年収300~399万円:
最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけると評判で、まさにその通りでした。他者の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。 転職が終わった後のサポートもとてもよく、気持ちよくキャリアアップすることができました。(出典:新R25転職

求人数こそ劣りますが、無駄に情報量が多くなく混乱することなくじっくり応募できました
また、面接前や面談後には多すぎると思うけど電話をくださりとても助かりました。
面接日程の段取りもとてもスムーズに行き、3ヶ月ほど転職活動していましたが、登録してから3週間ほどで内定をいただくことができました。(出典:みん評

 

口コミを見ると、やはり求職者に寄り添うアドバイザーの姿勢が高評価でした。

 

マイナビエージェントのアドバイザーは若手の転職に慣れていて、履歴書・職務経歴書の書き方を丁寧に教えてくれたり、面接練習も積極的に行ってくれたりと、若手に対する親身な姿勢が伺えます。20~30代の方や転職初心者におすすめの転職エージェントですね

 

マイナビエージェントをおすすめする人:初めて転職する20代・30代の方、親身に相談にのって欲しい方

 

マイナビエージェントに登録する(公式サイト)

 

 

③「doda(デューダ)エージェントサービス」転職サイト一体型で総合的に使いやすい

転職サイトはdoda

特徴

  • 業界最大級の求人数10万件(非公開求人含む)※2021年1月時点
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2名体制で転職サポート
  • 求人情報は大手・中小・外資・ベンチャーまで幅広く、関東圏の求人に強い

 

業界2位のdodaエージェントサービスの求人数は10万件(公開・非公開求人の合計)と、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇ります。

 

転職サイトと一体化しているので自分でも求人検索がしやすいのが特徴。求人案件は大手から外資・ベンチャーまで幅広く、とくに関東の求人に強い印象です。

 

とにかく求人の質が良い
企業情報(業績)や、就業条件がどんなにブラックでもきちんと記載がある。(R社などはその辺が曖昧)
自分でしっかり確認さえすれば問題ない。
(こちらも誠実に報連相など対応している前提だが)キャリア以外にも人物像で評価してもらえれば、企業側にプッシュしてくれる。
担当が良い人だったこともあり、面接前にはきちんと対策をしてくれた。
特に、自分のような傷だらけの経歴で言い回しに困るようなことに対しても上手く言い換えてアピールに繋がるような良いアドバイスをもらうことができた。(出典:みん評

初めての転職におすすめ

他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。システム上担当者さん以外から経験職種に沿った求人がばんばんきますがやりたくない職種はブロックできますし無視しても大丈夫です。担当者さんからは希望職種のみ紹介してもらえるので相談してみるといいと思います。(出典:みん評

DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。私は企業に応募してから2週間で正社員として内定を貰えました。(出典:みん評

 

口コミを見ると求人の質の良さとアドバイザーのサポートの手厚さが伺えます。求人数と質、サポートのバランスがとれた総合的に見て使いやすい転職エージェントと言えます。

 

doda(デューダ)をおすすめしたい人:関東圏の求人を探している方、情報収集して視野を広げたい方、自分でも求人調査をしたい方

 

dodaに登録する(公式サイト)

 

 

④【20代特化型】「マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)」東京・関西・東海で転職したい20代におすすめ!

マイナビジョブ20's

特徴

  • 全ての求人1,800件以上が20代対象(うち未経験OKの求人は1200件以上)
  • 東京・関西・東海地方の転職に強い
  • マイナビならではのノウハウ・20代の転職事情に熟知したアドバイザー
  • 転職後3か月の定着率は96.8%(2021年2月時点公式サイトより)

 

マイナビジョブ20'sは人材サービスを幅広く扱うマイナビの20代に特化した転職エージェントです。

 

実際に利用してみると20代に向けた求人に特化していたので、自分にピッタリ合う仕事が沢山見つけられました。
しかも専任のキャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングから入社に至るまでを完全サポートしてくれるので、安心感があります。担当者と性格が合わないときついかも知れませんが、私の担当者はとても優しく思いやりのある方だったので、やり取りもスムーズでした。(出典:みん評

第二新卒だと他の転職エージェントでは実務経験が必要な求人が多くて困っていました。
ネットで色々と調べてみると、第二新卒向けの転職エージェントがあると知り、これなら実務経験を気にしなくていいなと思いエージェントを探していたところ、マイナビジョブ20’sを見つけ、試しに登録してみました。
登録して数日後に電話がきてカウンセリングの予約をし面談を行いました。初めての転職活動ということで少し不安だったのですが、丁寧に話を聞いてくださったのでとても安心しました。(出典:みん評

適性診断をしたあとアドバイザーの方から向いている業種や業務を聞いたりして、かなり参考になりました。私は自分の職務経歴書の書き方がよくわからず苦手だったのですが、アドバイザーが私に有利な書き方を指導してくれて、しっかりした書類を作ることができました。(出典:みん評

初めての転職活動で不安でしたが、専任キャリアアドバイザーの方が面接対策や応募書類の確認だけでなく、どのような職種が自分の強みを生かせるか、自分の考え方や性格に合う職種や企業をアドバイスするなど親身に相談にのってくれたので、自信を持って転職活動することができました。
またWEBで適正診断を受けることができたので、自分の長所や特徴を客観的に知ることができたのも良かったです。大手企業や人気企業の求人も多いように感じました。(出典:みん評

 

口コミのように、マイナビの情報網を活かした転職ノウハウと丁寧なサポート体制が評判で、年間45,000人が登録しています。

 

マイナビエージェントとの主な違いは、対象が20代に限定されているところ

 

さらにマイナビジョブ20sの対応地域は一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀と限られています。

 

対応地域以外の20代の方は、同系列のマイナビエージェントを利用しましょう。

 

求人数が少ないのもネックなので、リクルートエージェントdodaエージェントサービスも併用すると幅広い求人に出会えます。

 

マイナビジョブ20'sをおすすめする人:首都圏・関西圏・東海で転職したい20代の方

 

マイナビジョブ20’sに登録する(公式サイト)

 

 

⑤【10~20代特化型】「ウズキャリ(UZUZ)」既卒・第二新卒におすすめ!独自の基準でブラック企業を排除

特徴

  • 10代~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニート対象
  • アドバイザーは全員既卒・第二新卒での転職経験者
  • 離職率調査など独自の基準で掲載企業を厳選:ブラック企業を排除

 

ウズキャリ(UZUZ)経験の浅い若手(既卒・第二新卒などの10~20代)を対象とした転職エージェント

 

未経験の若手をポテンシャル採用する求人案件が豊富なので、非常勤講師などで職歴にコンプレックスがある方でも相談しやすいです。

 

また、独自の基準でブラック企業を排除しているのも特徴。

 

公式サイトによれば、企業訪問して労働環境・教育体制をチェックし、ウズキャリ経由でその企業に入社した人から定期的にフィードアップをもらって、基準をクリアした優良企業の案件だけを紹介しているようです。

 

LINEや電話でのやりとりも多かったんですが、
就活以外の話題も話すことができたので、コミュニケーションが取りやすかったです。
自然と、私からも気軽に相談できるようになりました。(出典:みん評

転職エージェントを何社か利用したのですが、その中でも一番よかったのがUZUZ
通常のエージェントは主に経歴重視

一通り話したらバーっと求人を出してくれ、どこを受けたいですか?っていう感じ

しかしUZUZは経歴ももちろんですが、本質的な部分から話を聞いてくれます
私の場合はお金がもっと欲しいというのが転職のきっかけなのですが、
他社の場合、単純にこの会社であれば年収が上がりますねっていう感じ

逆にUZUZはなんでお金が欲しいのか?とかそういった部分から話が始まり、
自分でも気がつけていないことや整理できていないことを明確にしてもらい
そこから本当に自分にあった求人を一緒に見つける感じ
でカウンセリングしてもらえました(出典:みん評

この転職サイトの特徴は定職率が高いこと、内定率が高いことがポイントで、キャリアカウンセラーの方が一生懸命に話に付き合ってくれます。
自分では気がつかなかった短所や長所をはじめ、どのようにしたら面接に合格しやすくなるかといった細かい部分までサポートしてくれます。
相談を通して学んだことを面接に生かし、無事に内定をもらうことが出来ました。(出典:みん評

 

口コミにもありますが、平均20時間(他社の10倍)にも及ぶ丁寧なカウンセリングにも定評があります。

 

ウズキャリのアドバイザーは全員既卒・第二新卒での転職経験者なので、同じ目線でフランクに悩みを相談できますよ。

 

ウズキャリ(UZUZ)をおすすめする人:時間をかけてもいいから手厚く相談にのってほしい方、職歴に自信のない方

 

ウズキャリに登録する(公式サイト)

 

 

⑥【教育業界に特化】「Education Career」関東の教育系企業に強い

特徴

  • 教育業界に特化した求人案件
  • 教育業界の大手企業、学校法人、スタートアップ企業の求人が豊富
  • 求人対象地域:東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪

Education Career」は教育業界への転職に特化した転職エージェント

 

営業、企画、人事、講師、教室長、教材開発など職種はさまざまで、一般に公開されていない求人も扱っています。

 

キャリアコンサルタントの方が熱心でした。具体的には、面接試験前後の対応に表れていました。私が応募し面接に行く前日には「頑張ってください」と電話をいただけました。久しぶりの面接で緊張している私にはありがたかったです。そして、面接試験後の様子を即座に聞き、私が面接で上手く言えなかった点を先方にすぐにフォロー入れてくれました。また、選考結果が芳しく無くても、もう一回チャンスを与えてみてはなど、受験側であるこちらの合格に向けて手を尽くして頂けました。そのような対応のおかげで3社目で内定まで行きましたので、その点はありがたかったです。(出典:エージェント通信

 

エデュケーションキャリアは教育業界に特化しているため、総合型転職エージェントに比べると求人数が少ないのがネック

 

教育業界以外の求人も取り扱っていますが、かなり少ない印象です。転職の視野を広げるためにも、求人数が豊富であらゆる業界・業種の案件を取り揃えているリクルートエージェントマイナビエージェントの併用をおすすめします。

 

Education Careerをおすすめする人:関東圏・愛知・大阪で教育業界に転職したい方

 

Education Careerに登録する(公式サイト)

 

 

⑦【学童保育に特化】「はじめての学童指導員」働きやすい学童保育所だけを紹介

特徴

  • 学童保育所への就職・転職に特化
  • 残業が少なく、年間休日120日以上の「働きやすい学童保育所」の求人だけを紹介
  • 対象年齢は20代~50代と幅広い

 

はじめての学童指導員 」は学童保育所の紹介に特化した転職サービス

福祉・教育業界の人材紹介・派遣サービスを行うサクシードが、厚生労働省の許認可のもとに運営しています。

 

学童保育業界は残業が多くて休みも少ない施設が多いのが現状ですが、「はじめての学童指導員」では労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業を厳選

 

就職した方から口コミをフィードバックしてもらったり、コーディネーターが直接企業訪問して職場の雰囲気や施設長の人柄などを確認したりと、職場環境を把握した上で求人案件を紹介してくれますよ。

 

今までは非常勤指導員として5年ほど勤務していましたが、結婚のために転職を決意!!
まずは正社員になり安定した生活を…と思っていたら何と施設長で採用になりました!!
非常勤の経験を活かして今後は施設をまとめられるように頑張ります!

20代 男性 (出典:はじめての学童指導員

正社員としてキャリアが重ねられ、プライベートも大切にできる職場

大学卒業後、臨時採用で教員をしていました。当然、任期が終わるたびに職場を移る必要があり、安定したキャリアを積むのは難しいなと感じていました。 また、時間外労働が非常に多く、プライベートとの両立が難しかったため、何とかしないとと思い、転職を決意しました。良い仕事が見つかったらラッキーくらいの軽い気持ちで登録したのですが、学童に詳しいコーディネーターさんのサポートのおかげで、条件ピッタリの公設民営の学童に転職できました。時間外労働もなく、正社員として着々とキャリアを積めています。

20代 男性(出典:はじめての学童指導員

 

学童指導員は教員免許を活かせる転職先の一つ。学校教育以外で子どもの成長に携わりたい方におすすめです

 

「はじめての学童指導員」をおすすめする人:学童保育業界に転職したい20代~50代の方

 

はじめての学童指導員に登録する(公式サイト)

 

 

⑧「パソナキャリア」関東・関西・東海地域の女性に人気

特徴

  • 関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)・大阪・名古屋の求人が豊富
  • 女性の転職支援に強み
  • 転職者1名に対して2名のアドバイザーが付き、手厚くサポート
  • 平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能
  • 公開求人数:約3万件 ※2021年1月時点の公式サイトより

パソナキャリア では女性の転職に携わってきたアドバイザーが実際に転職した人からの情報を含め、産休・育休から復帰した女性の数など求人票ではわからないリアルな実情を教えてくれます。

 

人材派遣大手のパソナのネットワークを活かし、求人案件の内情にも精通。グイグイ来ない社風なので、押しの強さが苦手な女性から人気です。

 

僕は、「転職市場のトレンドを把握するために、幅広い求人を出してもらう」という目的でパソナキャリアを使っていました。

現職とはまったく違う業界の求人を希望しても、担当のアドバイザーが懇切丁寧に対応してくれて、いろいろな求人をチェックできました。おかげで転職先の候補の幅を広げることができました。(出典:新R25転職

 

女性に人気のパソナキャリアですが、公務員や学校関係の求人案件は非常に少なく、求人の対象地域が関東・関西・東海に限定されているのがネックです。

 

幅広く多くの求人を見たい女性には、女性人気の高いマイナビエージェントがおすすめです。

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントも併用すると視野が広がります。

 

パソナキャリアをおすすめする人:関東・関西・東海在住の20~40代の方

 

パソナキャリアに登録する(公式サイト)

 

 

⑨「就職shop」リクルート運営・書類選考なしで面接できる第二新卒向け就職支援

特徴

  • リクルートが運営する既卒・第二新卒・フリーター向けの転職支援
  • 書類選考なしで面接に進める
  • すべての企業が未経験歓迎、20代の利用者が9割
  • 登録企業数:約1万 ※2020年12月時点

 

就職Shopは業界大手のリクルートキャリアが運営する既卒・第二新卒向けの転職エージェントです。

 

東京都/31歳/女性/年収~299万円:
書類選考があると、待っている時間が無駄だったり、落ちて面接まで進めなかったりしますが、就職Shopは最初から面接に進めるのでそこがよかったです。また、本来わかりにくい職場の雰囲気もエージェントが直接職場に出向いているため、間接的でも聞くことができて安心できたところがよかったです。(出典:新R25転職

 

リクルートエージェントとの違いは書類選考なしで面接に進めることと、経験の少ない20代を対象としているところ

 

経歴よりもやる気や人柄を見てもらえるので、非常勤講師の方や異業種へ転職したい第二新卒の方におすすめです。

 

就職SHOPをおすすめする人:学歴・職歴に自信がない20代の方、時間をかけずに転職したい20代の方

 

就職SHOPに登録する(公式サイト)

 

 

⑩「アカリク転職エージェント」院卒社会人(文系・理系)の転職に特化

 

特徴

  • 大学院卒の社会人(文系・理系)の転職に特化
  • 院卒・ポスドク・エンジニア向けの転職サイト「アカリクWEB」を展開するアカリク(株)が運営元
  • 転職希望者が大学院出身者の場合、コンサルタントが大学院出身者

アカリク転職エージェント院卒社会人(文系・理系)の転職に特化した転職エージェント

 

研究職やエンジニア職に強い実績があり、アカリクならではの長年蓄積されたノウハウで、院生の強みを活かす転職のサポートをしてくれます。

 

理系院卒なら、LabBaseとか、アカリクあたりがおすすめ。特にアカリクは社員の3割くらいがマジモンの院卒なので、専門分野をわかってくれますよ。おすすめです。

— 就活嫌いを減らしたい元人事@就活メディア運営 (@Recruit_is_Love) March 29, 2020

 

アカリク転職エージェントをおすすめする人:専門領域を活かして研究職に転職したい院卒の方

 

アカリク転職エージェントに登録する(公式サイト)

 

 

転職エージェントを選ぶ際の観点は3つ

転職エージェントを選ぶ際の観点は3つ

 

大前提として転職エージェントは複数登録するのがおすすめ。したがって、登録前に細かく絞り込む必要はないです

 

転職エージェントはそれぞれに強みがあり、担当者の当たりハズレ(スキルや考え方の相違)もあります。利用は無料なので、年齢や地域が対象外のものを除き、気になるところには気楽な気持ちで登録してみましょう

 

いくつか登録してみて最終的に利用するエージェントを決めるときには、

 

  • 担当者(アドバイザー)と話したときの印象
  • 取り扱う求人案件に精通しているか
  • 業界の動向や企業の中の情報などに詳しいか

 

上記3つを話しながらチェックして決めます。

 

最終的に転職エージェントを選ぶ際には、信頼できる担当者に出会えたかどうかで絞り込んでいきましょう

 

 

転職エージェントとは?転職サイトと比較してのメリット・デメリット

転職エージェントとは?転職サイトと比較してのメリット・デメリット

 

転職エージェントとは、転職をサポートしてくれる担当者(コンサルタント)が、求職者(あなた)の条件に合った求人を紹介してくれるサービスです。

 

登録すると、履歴書や職務経歴書などの転職に必要な各種書類の書き方や添削、面接対策などを無料で行ってくれます。

 

みずき
転職エージェントは企業から紹介料をもらって運営しています。だから求職者側(あなた)には利用料はかからない仕組みになっています。

 

転職エージェントのメリット:転職サポートと非公開求人

 

転職エージェント転職サイト
転職活動のペース・気軽さ△(担当者と話し合いながら進める)○(すべて自分のペース)
求人数〇(転職サイトに比べると限られるが、非公開求人もある)〇(求人数は多い)
非公開求人への応募〇(できる)×(できない)
求人の質〇(企業の情報はエージェント側が把握)△(どんな企業かは自分で調べないとわからない)
転職サポート〇(履歴書・職務経歴書の指導・添削、面接対策が受けられる)×(なし)

 

転職エージェントを利用するメリットは主に転職サポートと非公開求人に出会えることです。

 

他にも担当者が年収交渉を代行してくれる、エージェントの推薦もあって書類選考通過率が高いなどのメリットがあります。

 

転職エージェントのデメリット:活動のペースと選択肢の少なさ

 

逆に、転職エージェントのデメリットは下記2つ。

 

  • 転職活動を担当者と一緒に進めるため、内定までのペースが転職サイトと比べると遅くなる
  • 紹介されないと求人に応募できないため、選択肢が限られる

 

しかし、これらのデメリットはリクナビNEXTなどの転職サイトを使って自分でも求人を探してみる・自己応募してみることで解決します

 

みずき
むしろ、転職エージェントと転職サイトの併用は積極的にすべきです!選択肢が多くなり、かつ自分のペースでも転職活動を進めていけます。

 

転職サイトで気になった求人があれば、エージェントに相談するか自己応募してみましょう。

 

教員こそ転職エージェントを使うべき3つの理由

教員こそ転職エージェントを使うべき理由

 

 

繰り返しますが教員の転職には転職エージェントの利用がおすすめです。理由は3つあります。

 

教員が転職エージェントを利用すべき理由

  1. 教師の仕事をしながら転職活動しやすい
  2. 周りに頼みにくい転職活動のサポートが受けられる
  3. 自分で気づけない強みや向いている仕事を客観的に知ることができる

 

理由①:教師の仕事をしながらでも転職活動しやすい

 

求人検索やスケジュール調整を転職エージェントに一部委託できるのは、時間のない教員にはありがたいです。

 

転職サイトを使って自ら求人検索・自己応募することもできますが、なかなか時間が取れないときにはエージェントから紹介された求人をザっと見るだけでもいいのは助かりますよね。

 

企業面談の予定日に急に仕事が入ったときも、日程の調整を転職エージェントの担当者にお願いすれば、勤務時間内に自分で企業と連絡を取り合う必要はありません。

 

忙しい教員こそ転職エージェントを上手に使うと転職活動の時間を確保することができます

 

理由②:周りに頼みにくい転職活動のサポートが受けられる

 

管理職や同僚に頼みにくい履歴書の添削や面接対策をしてもらえるのは大きなメリットです。

 

教員は就活をまともにしたことのない方がほとんどです。転職活動の進め方やマナー、ノウハウなどで不安を感じることがありますよね。

 

転職エージェントを使うと、転職活動の中で生じた疑問を質問できたり、履歴書の添削や他人に頼みにくい模擬面接を無料で受けたりできます

 

みずき
転職活動してることを知られたくない方や転職初心者の方にはありがたいですよね。

 

理由③:自分で気づけない強みや向いている仕事を客観的に知ることができる

 

転職エージェントを利用することで、自分が気づいていない強みや向いている仕事を客観的に知ることができます。

 

「教員以外の働き方を今まで考えて来なかったから、他の仕事に活かせる強みがわからない」という方も多いですよね。

 

エージェントとの面談を通して自己分析できますし、アドバイザー(担当者)は具体的な経験からあなたの強みを発見して言語化してくれます

 

自分で探していたら出会えなかった求人を紹介されて、思いがけない強みに気づくきっかけになるかもしれません。

 

 

転職エージェントの利用方法:5ステップ

転職エージェントの利用方法:5ステップ

転職エージェントを利用した転職活動は下記のような流れになります。

 

転職エージェントの利用方法:5ステップ

  1. インターネットから転職エージェントに登録
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. 希望の企業に応募
  4. 書類選考・面接
  5. 内定・退職交渉・入社

 

①インターネットから転職エージェントに登録

 

まずは、インターネットから転職エージェントに登録します。

 

登録に必要な情報

  • 基本的な個人情報(氏名、年齢、住所など)
  • 学歴や職歴
  • 転職希望時期
  • 希望の業種・職種
  • 年収などの条件

後日エージェント担当者と詳細についての面談があるので、可能な範囲で書いておきましょう。

 

②転職エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)との面談

 

登録してから数日後に、担当者(キャリアアドバイザー)から電話やメールで連絡が来ます。

ここで希望する求人の条件やあなたの強みを分析するための面談の日程を決めます。

 

※このご時世なので対面ではなく、電話やオンラインで面談をするエージェントがほとんどです。

 

キャリアアドバイザーとの面談までに用意しておくもの

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 希望する条件や質問をまとめたメモ

 

履歴書や職務経歴書をもとに紹介可能な企業が絞られるので、面談時までに用意しておきましょう。

 

また、担当者に伝えておきたい希望(業界・職種・年収・重視する条件など)や質問をメモにまとめておくと、伝え漏れがなくなります。

 

③希望する企業へ応募

 

面談内容をもとにいくつからの求人を転職エージェントが選定してくれますので、気になるものをチェックしましょう。

 

転職サイトなどで気になる企業を見つけたら相談してもOK。紹介してくれることもあります。

 

企業への応募は転職エージェントを通して行います。複数のエージェントから同じ求人へ応募するのはNGです。

 

書類選考に選考に通りやすい応募書類の書き方を転職エージェントがアドバイスしてくれるので、わからないことを聞きながら作成していきましょう。

もちろん添削も行ってくれます。

 

④書類選考・企業との面接

 

企業との選考を進めていきます。

 

書類選考を通過したら、企業との面接になります。都合が悪いときの日程調整もエージェント担当者が代行してくれるので安心です。模擬面接も利用して自分の強みを企業にアピールする方法を練習しておきましょう。

 

⑤内定・退職交渉・入社

 

採用にあたり、希望する年収や雇用条件があればエージェント担当者に伝えましょう。確認後、企業との交渉を代行してくれます。

 

希望通りにならないこともありますが、話し合いをして両者の合意がとれたら、晴れて「内定」となります。

 

必要ならば、入社日の調整や円満退社のための手続き、アドバイスなどもサポートしてくれますよ。

 

 

教員は転職エージェントで迷ったら「リクルートエージェント」を使おう!

教員は転職エージェントで迷ったらリクルートエージェントを使おう!

本記事では、教員におすすめの転職エージェントについて解説してきました。

 

数多くの転職エージェントの中でも、すべての転職希望者におすすめできるのはリクルートエージェントです

 

ただし、転職エージェントは複数利用することが大前提。

 

20~30代の方は親身なサポートに定評があるマイナビエージェントにも登録してみましょう

 

転職エージェントの利用は無料なので、使って損することはありません。

 

転職前提だけでなく、キャリアの棚卸しをする意味でも上手に使ってみてください

 

リクルートエージェントに登録する(公式サイト)

 

マイナビエージェントに登録する(公式サイト)

 

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
みずき

みずき

元高校教師(社会科)| 偏差値30~60台までの複数校で7年勤務 | 出産を機に退職 | 生徒がわかる・おもしろい授業作り | 教職ノウハウ・マインド、教師の婚活・転職、生活改善の情報を発信 |

-教師の転職
-, , , ,

© 2021 教師ライフナビ Powered by AFFINGER5