教師の転職

教員の転職にベストな時期・スケジュール・伝えるタイミングを元教員が解説

2020年12月29日

教員の転職にベストな時期・スケジュール・伝えるタイミングを元教員が解説

 

この記事では、教員の転職にベストな時期・スケジュール・伝えるタイミングを元教員が解説します。

 

こんな方におすすめ

  • 教師から転職するとき、具体的にどうやって転職活動したらいいの?転職する方法を知りたい!
  • 教員の仕事をしながら転職活動するときの注意点や実際のスケジュール(開始時期)、転職するタイミングについても教えて欲しい!

 

記事の信頼性

実際に教師から転職した同僚教員の話も踏まえて、元教員の私(みずき)が解説します。

 

本記事の内容

  • 教員の転職活動の開始時期・スケジュール(4月入社を目指す場合)
  • 教師の転職活動の方法は3つ【併用がおすすめ】
  • 教師が転職活動するときの注意点2つ

 

 

最後まで読んでいただくと、教員の具体的な転職活動のスケジュール(開始時期、タイミング)や方法・注意点がわかり、本業に支障をきたすことなく転職する方法がわかります

 

 

教員が転職するベストな時期は3月・4月

 

教師の転職のタイミングは4月がベスト


教員の転職先として多い教育関連企業は、学校のスケジュールを考慮して年度始まりの3~5月に積極的に中途採用を行います。


7~8割の先生が3~5月に転職しているようです。

 

教員の転職活動のスケジュール【4月入社を目指す場合】

教師の転職活動の開始時期・スケジュール【4月入社を目指す場合】

 

教師の転職活動の具体的なスケジュールを見ていきましょう。

 

今回は、新年度が始まる4月入社を目指す場合で考えますね。

 

①書類選考:12月~1月
②面接:(書類選考後に即日~2週間程度)
③内定:2月か3月(3月だと新学期直前になってバタバタします)
④入社:4月

 

書類選考から内定まで1~2か月かかるので、このようなスケジュールになります。

 

3月下旬に内定となると、退職手続きや引継ぎの問題で忙しくなるので、余裕をもって転職活動を開始しましょう。

 

教師の転職活動のやり方は3つ【おすすめは併用です】

教師の転職活動のやり方は3つ【おすすめは併用です】

 

教師の転職方法は下記の3つです。

 

  1. 知人からの紹介(コネ)
  2. 転職サイト:企業の求人を探し、自分で応募する。
  3. 転職エージェント:転職をサポートしてくれる担当者があなたに合った求人や転職先を紹介してくれる(無料で利用できる)。

 

教師の転職方法①:知人からの紹介(コネ)

 

  • メリット:後ろ盾があると採用されやすい
  • デメリット:転職先でトラブルがあると知人に迷惑がかかる、辞めづらい

 

同僚の先生方には意外と多かったですが、こればかりはご縁とタイミングが合わないと難しいですね。

 

紹介で就職するデメリットとしては、転職先でトラブルになった場合に気まずくなること。

 

いろいろと気になる人は転職サイトや転職エージェントを使って転職を進めましょう。

 

教師の転職方法②:転職サイト

 

転職サイトで求人を探し、自分で企業に応募する方法。

 

メリット:気軽に転職活動を始められ、自分のペースで進められる

デメリット:企業の詳細な情報は手に入りにくい、自分に合う求人がわかりにくい

 

 

転職サイトは求人数が多いリクナビNEXTがおすすめです。

 

リクナビNEXT(業界最大手の転職サイト。求人数が豊富で業種・職種のレパートリーも幅広いです。)

教師が転職サイトを使うべき理由を元教員が解説【転職しなくてもOK】
教員が転職サイトを使うべき理由を元教師が解説【転職しなくてもOK】

続きを見る

 

関連情報

ミイダスという転職アプリでは自分の強み(アピールポイント)を無料で分析できます。興味のある方は診断してみてください。

 

みずき
転職サイトのデメリットを補うために、次に説明する転職エージェントも併用していきましょう。

 

 

教師の転職方法③:転職エージェント

 

転職エージェントとは、求職者(あなた)に担当者がついて、求人紹介・履歴書の添削・面接対策などの転職サポートをしてくれるサービス(無料)です。

 

  • メリット:転職サポート(求人紹介・提出書類の添削・模擬面接など)が無料で受けられる、非公開求人が豊富
  • デメリット:紹介されないと求人に応募できない

 

転職エージェントのメリットは、手厚いサポート体制と非公開求人にあります。

 

民間企業の就活をしたことがない人(教員に多い)は、転職ノウハウや採用事情に詳しい転職エージェントを利用すると採用までがスムーズです。

 

一方で、転職エージェントは紹介される案件が限られるというデメリットがあります。

 

そのため、自分でも求人を選べるように転職サイトも併用していきましょう。

 

みずき
数多くの転職エージェントがありますが、求人数と実績・評判から考えると下記のところが安心です。

 

マイナビエージェント:関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富。20〜30代の転職サポートに強い。親身な転職サポートが評判。

リクルートエージェント:業界大手のリクルート社運営の転職エージェント。求人数が多く、非公開求人も豊富。

dodaエージェントサービス:転職サイト一体型。求人数が多く、丁寧なサポートも評判でバランスがいい。

 

20代の転職に特化した転職エージェントはこちらです。

  • マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ):求職者に寄り添ってくれる親身で丁寧なサポートが評判。
  • ウズキャリ:アドバイザーは全員既卒・第二新卒での転職経験者。離職率調査など独自の基準で掲載企業を厳選。

 

 

みずき
上記はほとんど大手の転職エージェントです。ウズキャリはベンチャー企業ですが、独自の基準でブラック企業を排除し、転職後の離職率が低いことで定評があります。

 

 

リクルートの調査によると、平均で4.2社の転職エージェントに登録する人が多いようです。

 

みずき
登録自体はいくつでも可能ですが、あまり多すぎても混乱します。担当者の当たりはずれもあるので、1つに絞らず、2つか3つ登録するといいですよ。

 

転職エージェントのおすすめの組み合わせ方(選び方)については、こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

教師の転職には転職エージェントが不可欠!おすすめ5つを元教員が厳選
教員の転職には転職エージェントが必須!おすすめ10社を元教員が厳選

続きを見る

 

 

 

教師が転職活動するときの注意点は2つ

教師が転職活動するときの注意点は2つ

 

教師が転職活動するときは下記2つに注意しましょう。

 

  1. 生徒に口外しない
  2. 本業に支障が出ないようにする

 

 

注意点①生徒に口外しない

 

生徒や保護者に転職活動しているウワサが広がると、日々の仕事がやりにくくなります。

 

「俺たちが嫌だから転職するんでしょ?」「辞める気だから授業が適当だよね」なんて軽口をたたかれたら不本意なので、口外しないのが得策です。

 

 

注意点②本業に支障が出ないようにする

 

「企業面接を忘れていた!今日は学校を休む!」なんてことのないように、スケジュール管理をしましょう。

 

転職エージェントは企業とのスケジュール調整も行ってくれるので、本業に支障のないペース・日程で転職活動を進められます。

 

教員の転職は時期から逆算して早めに始めよう!

教員の転職は時期から逆算して早めに始めよう。

 

教師の転職活動について、ポイントをまとめておきますね。

 

本記事のまとめ

  • 転職活動の開始時期(タイミング)は、入社希望時期から逆算して決める余裕をもったスケジュールで転職活動できるから)
  • 教師が転職活動するときは、転職エージェントと転職サイトの併用がおすすめ(互いのデメリットを補い合うことができるため)

 

おすすめ転職サイト:リクナビNEXT(業界最大手の転職サイト)

教師が転職サイトを使うべき理由を元教員が解説【転職しなくてもOK】
教員が転職サイトを使うべき理由を元教師が解説【転職しなくてもOK】

続きを見る

 

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント:関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富。20〜30代の転職サポートに強い。親身な転職サポートが評判。

リクルートエージェント:業界大手のリクルート社運営の転職エージェント。求人数が多く、非公開求人も豊富。

dodaエージェントサービス:転職サイト一体型。求人数が多く、丁寧なサポートも評判でバランスがいい。

 

20代の転職に特化した転職エージェント

  • マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ):求職者に寄り添ってくれる親身で丁寧なサポートが評判。
  • ウズキャリ:アドバイザーは全員既卒・第二新卒での転職経験者。離職率調査など独自の基準で掲載企業を厳選。

 

※転職エージェントのおすすめの組み合わせ方(選び方)については、こちらの記事をご覧ください。

教師の転職には転職エージェントが不可欠!おすすめ5つを元教員が厳選
教員の転職には転職エージェントが必須!おすすめ10社を元教員が厳選

続きを見る

 

※20代教師の転職については、こちらの記事も合わせてご覧ください。

教師からの転職は20代ですべき!失敗しないポイントを元教員が解説
教員からの転職は20代ですべき!失敗しないポイントを元教員が解説

続きを見る

 

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
みずき

みずき

元高校教師(社会科)| 偏差値30~60台までの複数校で7年勤務 | 出産を機に退職 | 生徒がわかる・おもしろい授業作り | 教職ノウハウ・マインド、教師の婚活・転職、生活改善の情報を発信 |

-教師の転職
-, , , , ,

© 2021 教師ライフナビ Powered by AFFINGER5