教員・公務員は株式投資できる?注意点や始め方を元教師が解説

教員・公務員ができる株式投資の注意点と始め方を元教師が解説

教員・公務員が株式投資を行う注意点や株の始め方について、株式投資経験のある元教員が解説します。

結論、教員や公務員でも株式投資はできます。株式投資は資産運用の一つなので副業にあたらず、公務員の兼業禁止規定にも触発しません。

本記事では確定申告が必要な方や教員・公務員ならではの株式投資の注意点をお伝えするので最後までぜひお読みください。

教員や公務員でも株式投資はできるが注意点あり

教員や公務員でも株式投資は可能です。

株式投資や株の売買は資産運用の一種なので公務員の兼業禁止規定にあたらないからです。

ただし、教員や公務員が株式投資を行う際には下記の点に注意してください。

教員・公務員の株式投資の注意点


それぞれ解説していきます。

注意点①職務専念違反にならないようにする

株式投資を行うときには、公務員法に記されている義務や禁止規定を遵守してください。

国家公務員法(第99~101条)地方公務員法(第33〜35条)の規定

  • 信用失墜行為の禁止
  • 秘密を守る義務
  • 職務に専念する義務

株式投資ではとくに職務専念違反に注意です。

株の売買を勤務時間中に行ったり、学校のパソコンでチャートにかじりついたりしたらアウトですね。

平日昼間以外でも株の購入はできるので取引は勤務時間外に行いましょう。

注意点②企業の大株主になる場合は報告が必要

国家公務員の場合、「特定の企業の経営に参加できるほどのたくさんの株を持つときには報告が必要」です。

具体的には、所有する株が「株式総数の3分の1を超えるとき」人事院「義務違反防止ハンドブック」参照)です。

ほとんどの方には関係ありませんが、もし国家公務員の方で大株主になりそうなときは人事院に報告しましょう。

注意点③特定口座(源泉徴収あり)以外で利益が出たら確定申告をする

国税庁によると、株式の売買で利益が生じた場合には原則確定申告が必要です。

しかし、証券口座の開設時に「特定口座・源泉徴収あり」を選択しておけば、証券会社が納税を行ってくれるので確定申告不要です。

また、株取引で損失が出た場合は、基本的に確定申告は必要ありません。

教員・公務員もすぐできる株式投資の始め方

株式投資の始め方は「証券口座を開設し、株を買う」これだけです。

楽天証券やPayPay証券、LINE証券などのネット証券ならスマホから簡単に株式投資ができます。

「投資は怖い」という方は簡単に株式購入が体験できるLINE証券から始めるのがおすすめです。

LINE証券で口座開設してクイズに正解すると株の購入代金最大3,000円相当がもらえます。

クイズは簡単ですし、答えは「LINE証券 クイズ」で調べたらすぐにわかります。

株取引を手軽に始めたい方はぜひ試してみてください。
>>LINE証券で無料口座開設する

教員・公務員の株式投資は認められているので挑戦してみよう!

教員や公務員でも株式投資はできます。

職務専念違反をしない・特定口座(源泉徴収あり)以外で利益が出た場合の確定申告などに注意すれば、問題なく株取引が可能です。

楽天証券やPayPay証券、LINE証券などのネット証券ならスマホから簡単に株式投資ができます。

証券会社(実店舗)に出向く必要がないので平日に休めない方はネット証券の方が便利でしょう。

LINE証券では口座開設でLINEポイントがもらえます。さらに、クイズに正解すると株の購入代金最大3,000円相当もGETできます。

クイズは簡単ですし、答えは「LINE証券 クイズ」で調べたらすぐにわかります。

株式売買を気軽に体験してみたい方はぜひ試してみてください。
>>LINE証券で無料口座開設する(こちらのリンクから開設するとお得にポイントGETできます)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずき

元高校教員(社会科・非常勤・7年)の在宅ワーカー | 主な勤務校は偏差値30台の教育困難校 | 出産を機に退職 | 在職中・現在合わせて10社以上の転職サービス(転職サイト・エージェント)を利用 | 教員時代は教師を辞めたい若手教員の相談に乗ってました | 教員からの転職情報・教員生活に役立つ情報を発信します。

-教員の副業